jcom遅い

jcomが遅いのはなぜ?理由と改善方法|繋がらない・重いなどの症状

jcomは遅いという評判がかなり多かったのですが、実際に使ってみると確かに遅い…。

 

ネットを見て調べてみると、その原因について書いてありますが、どれも専門用語ばかりですよね。

 

なので、このサイトでは、できるだけ分かりやすく原因と対策方法について解説したいと思います。

 

jcomが遅い原因

これ、一言で言うと、そもそも遅くなりやすいようなネットの引き込み方がされている、ということになります。

 

ネット回線の業者にはいろいろありますが、ネットの引き込み方にはいろんな種類があります。

 

例えば、FTTN、FTTC、FTTB、FTTHという感じで(名前は覚えなくてOK)、いろいろありますが、jcomはこの中でもHTTNという方法を使っています。

 

このFTTNという方法がダメダメなんですね。。。

 

他のネット回線業者は高速道路みたいなものなんですが、jcomのFTTNという方法は下道というイメージです。

 

なので、渋滞しやすいんですね。だからネットが遅い。。。

 

どうしたらjcomを早くできる?
これ、結論から言うと、正直なところ早くする方法はありません。。。

 

上記で原因を解説したので、分かるかと思いますが、下道をどれだけ早く走ろうとしたところで、高速道路のスピードには到底勝てません。
ルートも違いますしね。

 

もちろん、下道を早く走るような方法もありますが、正直ムダかなーという感じですね。

 

それよりは、高速道路に乗り換えたほうが良いかと思います。

 

私もいろいろ試してみましたが、最終的な結論は「乗り換え」でした。。。

 

jcomから乗り換えるのにおすすめのネット回線は?

私も仕事でネットを多用しているので、ネット回線にはこだわりがありますが、その私が回線速度やコスパの面からみた、乗り換えにおすすめの回線を紹介します。

 

NURO光

 

個人的には光回線としてはこれが1番オススメ。

 

G-PONという通信技術を採用しているんですが、通信速度はめちゃくちゃ早いです。

 

ただし、まだ対応している地域が多くはないので、お住まいの地域が対応していない可能性はあります。。。

 

その場合は導入が難しいと思うので、次に紹介するauひかりを選ぶと良いでしょう。

 

auひかり

 

NURO光のようなG-PONは採用されていませんが、混雑しにくい方法でネットにつなぐので、他の回線サービスよりはかなり早いです。

 

ただ、このauひかりもNURO光ほどではないものの、対応地域が限られています。

 

ブロードWiMAX

 

意外とWiMAXのほうが、コストも通信速度も良かったりします。

 

ネットで仕事をしているなどのヘビーユーザーなら光回線ですが、普段使いならWiMAXもオススメです。